交通事故弁護士のホームページスタジオ

交通事故の民事裁判は弁護士を活用したほうが良い

交通事故の民事裁判は、弁護士を活用したほうが良いです。その理由は、適切な主張や立証活動を行うため、自己に有利な結果をもたらすからです。日本では本人訴訟が認められているため、訴訟代理人として弁護士を立てる必要はありませんが、そうなると不利な結果をもたらす場合があります。裁判所は釈明権の行使をするなど、素人の訴訟追行にある程度の配慮をしますが、だからといって、肩を持つことはしません。あくまで裁判所は公平な視点で物事を見るからです。そのため、本人訴訟では、主張や立証を適切に行うことができなかったことで敗訴をしてしまう可能性があります。これは、権利が無かったから負けたというより、本当は権利があったけど、裁判所が自己に有利な心証を形成しなかった結果負けることにあります。
弁護士に依頼した場合、カードが十分にそろっている状態で負けることはまずありません。もちろん、判例や法律上無理筋な理論を立てても、裁判所は判決で独自の理論に基づく主張だといって排斥するのが通常です。しかし、交通事故の場合のように、被害に遭ったことが確実で、加害者の加害の事実があるようなときで、証拠が十分にそろっている場合に適切な主張をしていけば、絶対に負けません。弁護士は、そういった状況で初歩的なミスでもしない限り、依頼者に有利な判決をもらうことができます。
交通事故による損害は、大きなものになるケースが多いです。後遺症によって働けなくなる場合や、働けても収入が減少する場合があります。そうなれば、生活の費用を何とかしなくてはなりません。そこで、民事裁判で相手に対して損害賠償を請求して、勝たなくてはなりません。勝たなければ、その生活費用をねん出することができなくなります。そのため、裁判で相手に対して請求をして、それに勝訴することはとても重要なことなのです。
確かに弁護士に相談したり、仕事を依頼したりするのには費用が掛かります。しかし、その費用を出し渋ったがために敗訴してしまうということは、それ以上の不利益をとなります。そのため、費用は意味のある支出であるので、払うべきでしょう。交通事故を専門としている方の中には、相談料は完全無料で、着手金もいらず、すべて成功報酬から支払うという方もいます。その場合、手元資金がない方でも、依頼をすることを断念せずに済みます。結構そういった方はいますので、ホームページ等を確認して、相談してみると良いです。